【沖縄の旧暦カレンダー】六月は繁栄の拝み「ウマチー」

【沖縄の旧暦カレンダー】六月は繁栄の拝み「ウマチー」

沖縄の旧暦六月は、「神酒(ミキ)」を供えることで知られる稲穂の収穫祭(祭祀)である、「ウマチー」や「カシチー(強飯)」がありますよね。

この「ウマチー」は農耕が盛んだった琉球王朝時代には大切な祭祀行事で、王朝に仕えた神職であるノロを中心にして、集落の御嶽を馬に乗ってゆっくりと、官職の人々も同行しながら巡拝しました。

現在ではこのような祭祀は見られませんが、集落によっては、集落や門中でバケツいっぱいに作った神酒(ミキ=デンス)を配るなどの様子も見受けます。

そして現代は、豊作や感謝祭から、仕事の発展や繁栄を祈願、感謝する行事へと変化してきました。そこで今日は、沖縄の旧暦六月の行事を、旧暦カレンダーと共にお伝えします。ぜひ、参考にしてください♪


バナーC


【沖縄の旧暦カレンダー】
六月は繁栄の拝み「ウマチー」

旧暦六月の「ウマチー」と「カシチー」

来月の旧暦七月・八月の旧盆や旧盆準備に向けて、少し静かな様子もある旧暦六月ですが、都心部こそ見られなくなったものの、地方集落や離島では、今も残る農耕儀礼が「ウマチー」や「カシチー」です。

【 沖縄の旧暦六月、年間行事 】

① 旧暦6月1日(新暦2019年7月3日・水曜日) … ヒヌカン(火の神)・チィタチ(一日)の御願

② 旧暦6月15日(新暦2019年7月17日・水曜日) … 六月ウマチー(ルクグヮッチウマチー)

③ 旧暦6月15日(新暦2019年7月17日・水曜日) … ヒヌカン(火の神)・ジュウグニチ(十五日)の御願

④ 旧暦6月25日(新暦2019年7月27日・土曜日) … カシチー(強飯)、若しくは「アミシの御願」・「ミーメーウイミ(新米折目)」

沖縄の旧暦六月の年中行事は以上です。…ただ、全国的には「鰻を食べる」ことで有名な土用入がありますよね。コチラは新暦2019年7月20日の土曜日です♪

新暦2019年7月15日は「海の日」でもありますから、海で家族のレジャーを楽しんだり、うな重をいただいたり…、と家族行事が増えそうな一ヶ月です。

六月ウマチーは稲の収穫祭

沖縄の旧暦行事で「ウマチー」は、六月だけではなく旧暦2月・3月・5月・6月(15日)の四回の祭祀がありますが、本来はそれぞれに少しずつ、意味合いが違います。

2月・3月は麦の豊作祈願(2月が祈願祭・3月が感謝祭)でしたし、5月・6月は稲の豊作祈願(5月が祈願祭・6月が感謝祭)です。

ですので、現在まで残るウマチーとしては、感謝祭(大祭)に当たる5月ウマチー(グングァッチウマチー)と、今回の6月ウマチー(ルクグヮッチウマチー)が多いのではないでしょうか。

【 沖縄の旧暦六月、「六月ウマチー」 】

☆ ウマチーと言えば「神酒(ミキ)」ですが、本来の六月ウマチーでは、そのなかでも「ウンサク」をお供えするのが特徴です。

・ 「ウンサク」はすでに実った稲穂を醸して作る神酒(ミキ)で、その昔は若い女性がお米を噛んで瓶に移し、三日三晩醸しました。(今は違います。)

…一方、祈願祭である2月や5月の麦や稲は、まだ実っていませんので、未熟な麦や稲をすり潰した後に水と合わせて作ります。(コチラの名前は「シロマシ」です。)

…この「ウンサク」はもともとは、本州で言うところの「口噛み酒」に当たり、少し前にはこの「口噛み酒」が、日本で大ヒットとなった某アニメ映画にて、劇中で重要な役割として出て来るため、一躍有名になりました。

ウマチーや神酒(ミキ)についての詳しい記事を下記にお伝えしますので、コチラもぜひ、参考にしてみてください。

【 沖縄の旧暦行事、ウマチーや神酒(ミキ) 】

【沖縄の御願】六月ウマチー、2019年は新暦7月17日!
ウマチーやカシチー、現代は繁栄祈願☆お供え物や拝み方
・「ミキ」は「神酒」☆沖縄の御願で欠かせないお酒とは

沖縄の旧暦6月25日(新暦7月27日)は「カシチー」

沖縄の旧暦6月25日(新暦2019年7月27日・土曜日)にも、今度は収穫祭となる農耕儀礼「カシチー」が行われます。

旧暦2月・5月で麦稲の豊作祈願、旧暦3月・6月で無事に育った感謝祭を行い、続いて旧暦6月25日には、稲を収穫したことの報告と感謝祭を行う…、と言う流れです。

ちなみにこの「カシチー」は、六月カシチー(ルクグヮッチカシチー)だけではなく、八月カシチー(ハチグァッチカシチー)もあります。

【 沖縄の旧暦6月25日、「カシチー」 】

☆ 「カシチー」は漢字で書くと「強飯(こわめし)」と書くように、この日、それぞれの家庭では収穫したてのお米で「おこわ」をこしらえるのが、習わしです。(ですのでもち米を使用します。)

・ このおこわのお供え物ですが、六月は白米で作る「白カシチー」、八月は赤飯などの「赤カシチー」です。また、「カシチー」は集落行事、大きな門中では門中行事の色合いが強いです。

…ですので、カシチーでは集落を上げての大綱引きなどが行われていました。現代でもウマチーやカシチー、また旧暦8月15日に行われる、沖縄の月拝みの旧暦行事のなかのどこかの日程で、大綱引き行事を行う集落が多いです。

【 沖縄の旧暦行事、カシチー 】

シバサシと八月カシチー☆魔物を家に入れない御願とは

いかがでしたでしょうか、今日は沖縄の旧暦6月…、2019年度では7月3日~31日に当たる年中行事をお伝えしました。旧暦6月は農耕時代には欠かすことができない儀礼、ウマチーやカシチーが続きます。

カレンダーではお伝えしましたが、この「カシチー(強飯)」は、地域によっては「アミシの御願」(南部地方)「ミーメーウイミ(新米折目)」(中部地方)などの御願に置き換えられます。

どちらかと言えば、集落行事や門中行事の色合いが強いために、暮らしのなかでは、あまり馴染みのない家庭も増えたかもしれません。(現代では仕事発展への拝みへと変化しつつあるものの、本来の農作自体も衰退していますし…)

もしも心に留まることがありましたら、この機会に六月ウマチー(新暦2019年7月17日)六月カシチー(新暦2019年7月27日)には、簡単にお酒(ミキでも)やおこわを、ヒヌカン(火の神)やお仏壇へ供えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

沖縄、旧暦六月の年中行事とは

・新暦2019年では7月3日~31日に当たる
・旧暦6月1日(2019年7月3日)チィタチの御願
・旧暦6月15日(2019年7月17日)六月ウマチー
・旧暦6月15日(2019年7月17日)ジュウグニチの御願
・旧暦6月25日(2019年7月27日)カシチー
・旧暦6月25日(2019年7月27日)アミシの御願(一部南部)
・旧暦6月25日(2019年7月27日)ミーメーウイミ(一部中部)

ショップバナーB