お墓参りでお花を供える☆霊園で押さえたい5つのマナー | おきなわごころ、かみさまとの暮らし方

お墓参りでお花を供える☆霊園で押さえたい5つのマナー

お墓参りでお花を供える☆霊園で押さえたい5つのマナー

お墓参りでのお花は、その選び方から供え方まで、作法に沿ったものか気になりますよね。

もともと沖縄県では本州のような檀家制度はなかったため、個人で墓地申請をした土地にお墓を建ててきました。本州のようにお花を供えることも、霊園が広がり始めてからです。

それでも、お墓参りではお花をはじめ、霊園ならではのさまざまな周囲へのマナーまで配慮して拝みたいですよね。

そこで今日は、お墓参りでお花を供える時の、周囲や施設への配慮やマナー、本州では昔から続く、供え花の習わしについてお伝えします。


メルマガバナー1


お墓参りでお花を供える☆
霊園で押さえたい5つのマナー

お墓参りにお花を供える意味合い

お墓参りにお花を供えることは、「当たり前」になっていますよね。故人への贈り物として、生前好きな花を選ぶ方々も多いのですが…、それだけでしょうか?

【 お墓参りにお花を供える意味合い 】

☆ その昔の話では、仏様に会ったお釈迦様でしたが、修行中で何も差し上げられない…、そこでお花を選んだとか…。

・ 故人ではなく、お墓参りに来た人々が心を保ち、仏教の教えに目覚める、穏やかな心で弔う意味合いもあります。 

確かに美しいお花は見ているだけでも、心が穏やかになりますよね。さらにお花はいつしか枯れることから、命を感じるものとしても扱われます。

このような意味合いから、お墓参りに供える時お花は、故人へ向けずに、お墓参りに来た人々へ向けて(道へ向けて)飾るのが作法です。

お墓参りのお花の習わし

さらにもうひとつ、その昔沖縄では風葬、本州では土葬時代の名残りから、お墓参りで供えるお花は毒を備えているものを選びました。

ですからシキミなどが多かったのですが、これは動物がお墓を荒らすことを避けるためです。

【 お墓参りのお花、現代の選び方 】

☆ ですが今では、シキミなど毒のあるお花や、バラなどの棘のあるもの…、匂いのキツイお花は選びません

・ そして供えて帰ることも多いため、花持ちが良く丈夫なお花が好まれます。

ただ、ユリは毒性があるお花ですが、仏花としてアレンジされることは多いです。

さらに四十九日の忌明けまでの時期には、「白い花」が基本マナーですので、コチラも注意をしてください。

【 お墓参りのお花の定番 】

☆ では、今お墓参りで定番のお花をお伝えしていきます。

・カーネーション … 母へのお花なら、その花言葉(あなたの愛は生きている)や由来から、白いカーネーションが人気です。

・菊 … 昔ながらの菊だけではなく、小さいサイズのスプレーマムや丸いフォルムで可愛いポンポンマムなども喜ばれています。

・リンドウ … 秋口にはリンドウ、その花言葉も「あなたの悲しみに寄り添う」です。

・デンファレ … 丈夫で日持ちがする花なので、仏花や供花として人気があります。胡蝶蘭のような風格も華やかで、アレンジもしやすいです。

…などなどがあります。

一方、タブーとされているお花は前述した棘のあるバラの他、毒が強い彼岸花、「首が落ちる」ようで枯れ方が不吉とされる椿です。

お墓参りのお花、持って帰る?

昔ながらの地域に密着した寺院墓地では、住職が日々管理をしてきたかもしれませんが、今では大きな民間霊園も増えました。

【 お墓参りのお花、持ち帰るかどうか 】

☆ そのため現代では霊園によっては、持ち帰りを推奨している施設も少なくありません。

・ お花が枯れたり腐ったりして、虫や虻が寄って来たり、動物がお墓を荒らしてしまうことを避けるためです。

ただ、まだまだお墓参りのお花を供えたまま帰ることができる施設も多いので、この時には改めてお花を持ち帰ることも検討してください。

【 お墓参りのお花、持ち帰るタイミング 】

☆ 数か月であれば、次のお墓参りで交換すれば問題はありません。

・ 次のお墓参りの間隔が長くなりそうであれば、数か月後には回収すると丁寧です。

行くことができなければ、霊園の施設管理者に連絡をして、回収をしてもらう方法もあります。

お花を長持ちさせるには

以上のような配慮の他、お墓参りのお花であれば、出来るだけお墓をキレイに彩ってもらえるよう、長持ちする工夫も必要です。

【 お墓参りのお花を長持ちさせる工夫 】

①花立にお花を入れる時には、花を束ねるゴムを外す

②バケツに水を張り、花の茎を水に浸して、水中で切れ味の良いハサミを使って、バッサリと斜めに切る「水切り」を施して供える。

③花立の水にはお砂糖と漂白剤を入れる。(お砂糖は栄養、漂白剤は殺菌の役割を果たします。)

…などなどがあります。

ただお砂糖は虫が寄って来るかもしれないので、お墓の立地によっては注意してください。例えば、真後ろに草木が茂っていたりする立地では、考慮した方が良さそうです。

お墓参りが多い時期に見る配慮とは

沖縄では、お墓参り行事の時期が決まっていますよね。

今でもシーミーなどのお墓参り行事で、親族揃ってお参りをする家がほとんどですが、最近では、本州のように個人でお墓参りをする家も多くなりました。

そこで配慮したいのが、お墓参りが重なったために、お花だらけになることです。腐ってしまうと、虫が寄ってくるなど弊害が起こります。

そこで 対策として、いくつかの配慮をしてみてはいかがでしょうか。

【 お墓参り時期の配慮 】

☆ 例えば…、

花立はきれいに洗っておく。

②アブラムシがつかないよう、虫除けを添えておく。

③早く腐ることがないよう、葉部分には水をかけない

…などです。

本州ではお墓参りが重なる時期、お花の代わりに卒塔婆を用意する人もいるのですが…、沖縄では、そもそも卒塔婆の風習がありませんよね。

ですから霊園のお墓の場合お墓がお墓参りが重なる時には、お花代わりに、お供え物を選ぶのも良いのかもしれません。

 

いかがでしたでしょうか、今日は霊園のお墓が増え始めた沖縄で、押さえておきたい供え花のマナーや配慮をお伝えしました。

昔ながらの沖縄のお墓参りのため、時期が決まっていて、しかも間隔が離れてしまうのであれば、お花は持ち帰るのが安心かもしれません。

ただその際にも、花立の水は捨ててきれいに洗い、よく乾くように配慮しながら、ひっくり返しておくのも丁寧です。

どうぞ、次にお参りに来る時も気持ちの良いお墓参りをしてください。

まとめ

霊園でお花を供えるマナー

・毒性のある花、棘、キツイ匂はNG
・カーネーションや菊、リンドウが定番
・四十九日までは白い花を選ぶ
・霊園によっては持ち帰りを推奨している
・数か月後にお花を回収する方法もある
・管理者に回収をお願いすることもある
・お花を長持ちさせる工夫を施す
・花立を洗う、虫除けを添える工夫もおすすめ


soudan_bnr_600


free_dialshiryou_seikyu